1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョキチョキ?

「庭の虫シリーズ」
昨夜、玄関のドアを開けたら大きなカミキリムシがいました!
ビックリです。
カミキリムシ。
玄関の明かりに惹かれてやってきたのかな?
子供の頃はカブトムシとかカナブンとかよく飛んで来てた。
俺んとこは山も近いし、昔は家も少なかったから
虫たちも目指す家も限られていたんだろうけれども。
最近は家も増えたし、明るい街灯もあちこちあるし。
目指す明かりがたくさんありすぎて、
カブトムシもカナブンもあまり家にも飛んで来なくなった。
最近は蚊だの蛾だのってのばかりだったけど。
こんなに大きいんだよ。

髪切虫。
妖怪でもいたよね。
「妖怪かみきり」
妖怪かみきり。
俺の髪の薄いのも「妖怪かみきり」にやられたのかなあ。
と、妖怪のせいにしてみる。(^^;
スポンサーサイト

バルタン星人?!


ここ数日。
雷さんゴロゴロですごかったです!
それもピンク色の閃光。
雷さんもすぐ近くにおられるときは稲妻もピンク色に見えるのかな?
各地で突風や大雨での被害が出ているようです。
被災された皆様にお見舞い申し上げます。

さて。今朝、庭に出てみるとセミの抜け殻を発見!
「庭の虫シリーズ」
昨日は無かったので、昨夜のうちに出てきたのかな。
土中では七年もの間、暮らしているそうだが
下積み生活も長いものだと。
庭にあったセミの抜け殻です。
これは何ゼミかな?
最近、近くでミンミンゼミの鳴き声を聞くようになった。
ひょっとしてこれもミンミンゼミ?
手に取ってみると。
カッチョいい!
バルタン星人。(笑)
おお。バルタン星人。
ミンミンゼミが鳴き始めると本格的な夏って感じだな。
う~~~山にも行きたいなあ。
ちょこちょこと細かな用事で肝心な時間を取られてしまう。
山にも登れず、ちとストレスたまり気味。(^^;
こんな状態が去年からだもんなあ。
それこそ抜け殻になってしまいそうです・・・(笑)

トンボのメガネは♪

昨日は夕方、雷鳴とともに土砂降りの雨があって。
夕立。
落ちたとたん溶けてしまいましたけど、
氷の塊(ヒョウ?)も降って道路ではじけていました。

雨が降ったせいかな。
今朝はとても爽やかで。
トンボを見つけたので写真を撮りました。
庭の虫シリーズ。(笑)
ノシメトンボ。
トンボを見かけるようになると「夏」って感じがしますね!
特にシオカラトンボとかオニヤンマとかは夏を思わせる。
トンボの歴史は人類より古くて、
恐竜時代から空を飛んでいたようだ。
最大級のトンボは翅(はね)を広げると70cmもあったそうだ。
当時は酸素濃度が濃かったので巨大なトンボも空を飛べたのだとか。
今の地球上ではオニヤンマの大きさが限界で
これ以上大きくなると翅脈が耐えられず折れてしまうらしい。
トンボ君。
トンボの眼。
上のほうがまぶたのように色が濃くなっている。
これは上からの直射日光を避けるため、いわゆるサングラスになってるんだって。
勉強になったかな?(^^)

トンボ君。あんたはすごいぞ。

ふう。

今日も素晴らしい暑さでしたねっ!
風が無かったから余計に暑い。
コレで8月になったらもっと暑いのかなあ。。。

庭の虫シリーズ。
シジミちょうちょ。
ツバメシジミ。
ツバメシジミって言うらしい。
シジミちょうちょはちっこくて可愛いよね。
でも用心深くてすぐに逃げてしまう。
そういえば最近は瑠璃色のきれいなシジミちょうちょ見なくなったなあ。
オレンジ色の模様を持つベニシジミってやつは見かけるけど。
シジミちょうちょと言っても何種類もあって
それぞれに幼虫の食性が違うらしい。
食べ物の違いで翅(はね)の色も違うみたいな?
今日はカラタチの木にアゲハちょうちょが産卵に来ていました。

ちっこいハチ君。
これはオマケの写真。
ちっこいハチが遊びに来てたから。

午後は宇宙へ。

極楽浄土から宇宙へ。(笑)
21日。午後もたまらなく暑かったので南牧村野辺山までドライブ。
標高1349m。
国立天文台野辺山宇宙電波観測所。
標高も高いから涼しいぞ。と。
通過地点として近くは通っていたのだが、
実際に行ったことはなかったので。
国立天文台野辺山宇宙電波観測所。
巨大なパラボラアンテナが何基も。
なかなか壮観な眺めじゃないか。
ここにいるだけで宇宙を連想してしまう。
観測所のパラボラアンテナ。
牧場のような広大な場所に小型のパラボラアンテナがたくさん並んでいる。
電波ヘリオグラフという太陽専門の電波望遠鏡らしい。
なんかすごいなあ。
やっぱり家族連れやたくさんの人たちが訪れていた。
ヘリオグラフ電波望遠鏡。
標高が高いので日陰はとても涼しい。日陰は。
こういう場所なので遮るものが何も無いので
直射日光がかえって暑かったり。(^^;
45mの巨大パラボラアンテナ。

帰り際。
芝生にネジバナを発見!!
野生の本物のネジバナを初めて見たぞ。
観測所で咲いてたネジバナ。
ふう~ん。本当だ。
ねじれながら咲いている。
これはまた思いがけず良いものを見ることができました。
白いネジバナ。

21日は暑い一日でしたけど、
お休みを利用してあちこち行かれて楽しかったです!!
そして、帰ってからのビールがまたうまかったです!!(笑)

極楽浄土。

昨日も一日暑かったですね!
梅雨も明けて本格的な夏。

上田市国分の国分寺でハスの花が見ごろという。
寺の裏の休耕田を利用してお寺さん、地域のみなさんが手入れをしておられるとか。
ハス園と言いますか、ハスの花がたくさん咲いているのはまだ見たことが無い。
国分寺に参拝の後、お寺の裏手へ回る。
わお。
上田市国分寺のハス田。
こんなにたくさんのハスの花。
まるで極楽浄土のようだね。
国分寺のハス-01
ハスの花って独特の雰囲気がありますね。
柔らかくて穏やかな色彩。
国分寺のハス-02
ずっと見ていると心が洗われる気がする。
仏様が手を広げてくださっているような。
国分寺のハス-03
休日のせいかご家族連れやご年配のご夫婦、
アマチュアカメラマンさんたちがたくさん見えていた。
国分寺のハス-04
写真やテレビでは見たことありますけれども。
やっぱり実物は違いますね。
国分寺のハス-05
スイレンの大家「BEK フォトギャラリー」のBEKさんもご自宅でスイレン鉢を使って
いろいろな種類のハスやスイレンを栽培されておられますけれども、
うん。解る気がします。
こんなに素晴らしい花ですものね。

国分寺のハスの花。
まだまだ見れますのでお近くの方はどうぞ。

飛んできた。

庭の虫シリーズ。
ネタ探しにカメラを持って庭に出てたら。
ぶぅぅぅ~んと飛んできて目の前に落下。
おお。これは願ったり叶ったり。(^^)
早速カメラに収めた。
カミキリムシ君。
ミドリカミキリらしい。
見る角度によって翅(はね)の色が変わる。
玉虫色の翅。
カミキリムシ。
カミキリムシ君の顔を拝見すると・・・
ありゃ。なんとも悪代官顔。(^^;
玉虫色の決議をしたがるどこぞの政治家さんのような・・・?
悪代官顔・・・(^^;
じっとしてると、標本みたいですけど
本物のカミキリムシ。
調べてみたら“ミドリカミキリ”って名前らしい。
どうせなら“セイジカカミキリ”とか・・・(^^;

朝から雨です・・・

今日は朝から雨。梅雨っぽいお天気ですね。
昨夜は寝苦しくて、何度も目が覚めて、
今朝も夜明け近くに目が覚めたらヒグラシ(カナカナゼミ)が鳴いていました。
懐かしくもあり、哀愁漂う声だなぁと。

庭の虫シリーズ。
最近までウチのナツツバキがいっぱいに咲いていて
ハナバチが盛んに訪れていました。
今もポツポツと咲く白い花に時折訪れています。
ナツツバキとハナバチ。

玄関にナンテンが植えてあるんですけど
ナンテンの花にもハナバチがよく訪れます。
が、このナンテンの花。
お米のように小さな花びらが散って散って。
掃いても掃いても散ってくるので掃除が大変です。
ハナバチ君も掻き回してよく散らしてくれるしー。(^^;
ナンテンとハナバチ。

雨が降るとカエルが元気に鳴いてます。
もうすぐ海の日。
長野県人からしたら一番親しみのある新潟の海。
今年はたくさんの海水浴客で賑わってほしいですね!

夏だね!

昨日に増して今日は暑いっすよ~。

その一瞬から」のなぶさんのパクリで
「庭の虫シリーズ」(ぇ?(^^;
モミジの剪定してましたらシャクトリムシ君がいました。
危うくチョンしちゃうとこでしたよ~。(^^;

シャクトリムシ発見!
(ヤバイ!木の枝の術・・・)
シャクトリムシ。向きが違うよ!
おいおい。兄ちゃん。向きが逆なんだが・・・(^^;
(間違っちゃった。うんしょ・・・うんしょ・・・)
シャクトリムシ。移動中。
(ど・どうだ!)
おお。さすがシャクトリムシ君。見事に木の枝。
シャクトリムシ。見事に木の枝!
シャクトリムシ一匹でモミジの葉っぱも食べ尽せないだろうから
そのままそっとしておいてあげました。

まだまだ子供。

毎日暑いっすね!
夏だもんね。こうでなくちゃ。

最近カマキリの子供を良く見かけますよ。
1cmくらいの小さいのから3cmくらいのカマキリの子供。
うんとちっこいときは茶色くて、少し大きくなると緑色、
もう少し大きくお兄ちゃんになると茶色く変わるんだね。
色の変化で生まれてどのくらいって解るのかな?
カマキリの子供。

写真を撮って遊んでいたら葉っぱの陰から
カマキリのお兄さんが出てきた。
「ちょいとそこのお兄さん」
呼び止めてみる。
(え?僕っすか?)
ちょいとお兄さん。
「あの、写真撮っても良いですか?」
一応撮影の許可を。
(いやぁ。参ったなあ。どんな格好をすれば?)
写真撮っても良いですか?
「ではバッチリ決めていただけますか?」
(えと、こ・こうっすか?)
カメラを向けるとポーズを取ってくれた。
子供らしいおちゃめなポーズ。(笑)
シェ~~~。
元気に育ってくれるといいね。(^^)

こもろ市民まつり「みこし」。

うわあ。ずいぶんとサボってしまった。

先週の土曜日(12日)、日曜日(13日)は小諸市で一番のお祭り。
土曜日は大人神輿、子供神輿合わせて60台余が市街地を練り歩いた。
俺はお仕事だったので、仕事が終わってから祭り見物に出た。
午後7時過ぎ。ラーチさんも同行。
小諸市民祭り-駅前。

祭りも山場を迎えた頃、小諸駅前。
「今日はいつになく人がすごいねえ」
小諸のお祭りには雨がつきものなのだが、土曜日は朝からずっと良いお天気。
そのせいもあるのかな。
小諸市民祭り-相生町通り。

相生町通りもぎっしりだ。
神輿を見ながら小諸の神輿の元祖、建速神社(たてはやじんじゃ)に参拝。
毎年お酒を一升奉納しているので今年も建速神輿に御祝儀一升。
建速神社-建速神輿。

参拝のあとはラーチさんと蕎麦屋さんでお蕎麦を食べながら一杯。
今年の市民祭り“みこし”は大盛況だった。

翌日。日曜日は建速神社の本神輿。
俺はお仕事だったので昼間のレポートはできなかった。
夜。8時過ぎから伝統行事の「渡しの儀」。
建速神輿。

こちらはなんとか間に合った。
勢いをつけて神輿を台に乗せるところは迫力だ。
どよめきと拍手と。
建速神輿「渡しの儀」

続いて仮宮まで担いで行くのだが、途中で神輿と担ぎ棒の綱を切っていく。
最後に神輿を無事仮宮に安置できたときは感動ものだ。
やはり歴史と伝統のある神輿は違うなあと思う。
建速神輿-仮宮安置。

仮宮に安置された神輿に参拝。
「私と私に係わるすべての人たちが健康で幸せでありますように」
うん。やっぱり建速神輿はいいなあ。

今日は暑いね!

昨日は曇りで蒸し蒸しと暑かったですね。
今日は晴れ。
んで、暑い!
こうでなくちゃね。
夏だもん。

昨夜、自宅から歩いて1分の小川を見てきました。
ホタル確認。
五匹は飛んでいました。
側溝のほんのわずかな区間なんですよ。
蓋の無いの。
そこに生息しているらしい。
健気に光を放っている姿に感動しましたよ。
家の近くの小川にいたホタル。

守ってあげたいけれど、この場所ではどうにもならないだろうな。
せめて、こんな身近で何気ない場所にもホタルがいることを
もっと多くの人に知っていただいて
小川を汚さないようにして欲しいと思いました。
ホタルの光-01

この小川は元々、田んぼの用水ですけど、
どこから流れて来ているんだろう。
市街地を抜けて来ているのは確かだと思うけど。。。
ホタルの光-02

子供の頃に見ることのできたホタルに
また会うことができて良かった。
今夜も見れるかな?

発見!

先日、市内のホタルの名所に行ってきた。
ホタル。
飛んでました。
数はそんなに多く無かったけど、幻想的なあの光は良いですね。
たくさんの人たちも見に来ていて。
家族連れ、アベックさん、お友達同士。
結構賑やかでした。

で。
昨日の夜、すぐ近くの小川、
子供の頃は水もきれいでサワガニとか、カワニナとか取って遊んだ川。
今は途中までU字溝が伏せてあったり、
生活雑排水が流れ込んで、きれいとはいえない川。。。
夜の徘徊ついでにちょっと覗いてみたら。
なんとホタルがいました!!
すぐ横の畑も荒れて有刺鉄線がしてあって
川の近くには行かれないんだけど
遠くから見ていたらフワァ~フワァ~って。
二匹確認。
うわあ。いてくれたんだ。ホタル。
すごく嬉しい気分になった。
小川の水、少しはきれいになったのかな?
今夜、もう一度行ってみよう。
ウチから歩いて一分。(笑)

半年終了!

今日から7月。
もう半年終わってしまいましたね!
一年の折り返し地点。

今日は久々に青空いっぱいのお天気。
ずいぶんと暑くなったぞ。
夜のビールが楽しみです。

先日からウチのドクダミの花が満開です。(^^;
子供の頃は田んぼの畔とかで、極普通に見れたんですけど
土手も水路もきれいに整備されて群生も見られなくなってきた。
何年も前、オフクロさんが取ってきて植えたドクダミ。
毎年オフクロさんが摘み取って陰干しして煎じて飲んでます。
「十薬」ってくらいですからいろんな病に効くようです。
ドクダミの花です。

あの臭味成分は抗菌・抗カビ効果があるそうで
生の葉を揉んで青汁を患部に塗りつければ水虫にも効果があるとか。
本当はすごい薬草なんだけど・・・
それがもう繁茂して。
こんなに強い草だとは思わなかったよ・・・(^^;
摘めば臭いし、地下茎は元気に伸びてるし。
ところかまわず芽を出して。
スギナの次にくらいに大変な草だなあと。
でも。
安全な民間生薬。
この繁殖力の旺盛さが自分たち人間の薬にもなるんだね。

PageTop

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

幻翔院新駆 (げんしょういん しんく)

Author:幻翔院新駆 (げんしょういん しんく)
正式H.Nは「天空山幻翔院新駆」
お寺さんとは関係ありません。(笑)
簡単に「新駆」でも可ww。

いつまでも好奇心旺盛でいたい。
いろいろな人からたくさんのことを学びたいな。
自然の中が大好きです。
小さな感動を大切にしたいです。
仲良くしてね。

好きな言葉
「毒を食らわば皿まで」(笑)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック

リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。