1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコイイ?

・・・・・・
パソコンの液晶にラインが入った。
折り目正しく縦にラインが一本。
ラインを入れるのって最近の流行ですか?
液晶パネル、この間修理で取り替えたばかりなのに。(泣)
修理に出すことにした。
カッコイイですか?

修理、これで五回目。
五回目ですよ。五回目。
このパソコン、呪われているんですか?
お祓いしたほうがいいですか?
俺、修理工場の常連さんですね!

・・・・・・
もう何も言えない。
開いた口が塞がりません。
スポンサーサイト

なかなか結ばれない?!

昨日の朴の花。
夜は閉じてしまってお昼ころから開きました。
一日目と二日目の花の違い解りますか?

一日目。
朴の花。一日目。

二日目。
朴の花。二日目。

そう。一日目はメシベが開いていてオシベが閉じています。
二日目はメシベが閉じてオシベが開いています。
メシベが閉じ始めオシベが開き始めた瞬間に受粉。
そのときは花弁自体は閉じてしまう・・・
つまり、メシベとオシベの両方が開いて虫によって受粉する確率はものすごく低いということです。
擦れ違い・・・
男女の仲と一緒ですね。
すぐ隣り合わせにいるのに、結ばれるのは大変・・・
なんちって。(^^;

二つ目の花。

朴の花。二個目。
昨日、朝、見ましたらまだ完全にツボミだったので
明日あたりかな~って思っていたら
暑いくらいの初夏の陽気。
一気に開いてしまった。

午後1時頃のツボミ。
昨日午後1時頃。

午後4時頃の様子。
昨日午後4時頃。

午後5時。完全に開きました。
昨日午後5時頃。

写真を撮っていると通りすがりの人たちが
とても珍しがって「初めて見ました」と言ってくれる。
うん。山の中に行っても大きな葉っぱのはるか上に咲いているからね。
まず、目にすることはないだろうな。
ハスが仏様の花ならば朴は神様の花。
天空の花。

暑くなりそう?

昨日も今日もとても良いお天気だ。
今日、県内は日中最高気温も25℃を超えるところが多いとか。
そろそろエアコンも必要な時期かな?
マーガレット。

今、家の周囲は花がいっぱいだ。
マーガレットとアイリス、カキツバタが盛んに咲いている。
花いっぱいの時期って気分もいいね。
実生から育てたトチの木も毎年グングンと大きくなる。
今年も立派な大きな葉っぱになった。
トチの大きな葉っぱ。

そうそう、昨日の朝、カッコウの声を聞いた。
カッコウ。まだこの街にいてくれたんだな。
カッコウの声。
初夏を感じさせる。

咲いた!

朴の花です。

昨日は午前中は雨。
午後から青空が戻った。
大きくなった朴のツボミ。
ん~明日あたりかな?と思ったら夕刻近くなり大きな花が開いた。
高い枝の先に咲くので、まず目にすることは無い。
クリームに近い白色で、人の手ほどの大きさの花。
上を向いて咲き、ハスの花を思わせる。
手と大きさを比べると。。。

シトラス系の素晴らしい芳香。
樹下に立っただけで香ってくる。
あと二つツボミがある。
咲くのが楽しみだ。

ちとドライブ。

昨日は午前中、公私の用事を済ませ、
午後になって3時近く。
佐久市内山峠までドライブに出かけた。
20代の頃、バイクでよく越えた峠だ。
内山峠から旧道を通って妙技荒船林道へ入る。
少し走って内山牧場の東側の山。
車を止めてから五分ほど登って標高1315mの物見岩。
360°の視界が楽しめる。
曇っていたのであまり遠くの山は臨めなかったが
眼下に神津牧場が見えてかすかに牛の声が聞こえてくる。
物見岩から神津牧場。

南方には荒船山。
峠を越えるときはいつもこの断崖絶壁を臨みながら下った。
荒船山の勇姿は俺に元気をくれる。
雲海に浮かぶ巨大な船。
山容から古代の人たちはそんな姿を思い描き、荒船山の名前をつけたのだろう。
物見岩から荒船山。

ウグイスや野鳥の声が聞こえてくる。
緑はまだ芽吹いたばかりだ。
岩の裂け目にサルナシの木が花を付けていた。
物見岩のサルナシ。たぶん。(^^;

もう5時近くになる。
景色を見ながらタバコをつけ、ひとりの時間をゆっくりと過ごした。
夕方近かったせいか誰も来る人はいなかった。
雄大な景色を独り占め。
今度は誰と来ようかな。(^^)

佐久市臼田小満祭。

昨日、5月の第三日曜は佐久市臼田の小満祭。
東信随一の露店を数える大きなお祭りだ。
列車に乗って臼田駅。
近くなると乗客でいっぱいになった。
臼田駅到着。
ほとんどの乗客はここで下車。
佐久市臼田稲荷山。稲荷神社。

千曲川を渡り主祭神のお稲荷さんをお参り。
それから露店の続く歩行者天国を歩く。
老若男女素晴らしい人出だ。
露店で売っているものってどれもおいしそうで、どれも宝物に見える。
あまりにうまそうな匂いだったので鶏の唐揚げを買った。
「お兄さん、300円と500円どっちにします?」
お、お兄さん?!
久しぶりに聞いたぞ。「お兄さん」。(喜)
嬉しかったので500円・・・と言いたかったが量が多そうだったので300円。(^^;
小満祭歩行者天国。

鶏の唐揚げを食べながらメーン会場ではクレヨンしんちゃんショー。
子供たちに大人気だ。
佐久病院では病院祭をやっている。
覗いてみると新茶の茶揉み体験をやっていて
職人さんが我が子のように大切に優しく葉っぱを揉んでおられた。
新茶を無料でいただく。(^^)
佐久病院祭。お茶揉み。

小満祭では植木市が有名だ。
千曲川河川敷会場へ向かう。
広い会場では花木の苗木を売っている。
一通り見学して、歩行者天国道路。
鼓笛隊や北越出兵のパレードで賑やかだ。
龍岡藩北越出兵パレード。

この後、実は、帰って一杯飲むためのおつまみに「大判焼き」とやらを
買っていたのだが、おなかが空いたので稲荷神社に戻り
木陰でおいしく食べてしまった。
仕方なく、稲荷神社の山を下りタコヤキを買った。(^^;
小満祭。たっぷりと楽しんで帰ってきた。

え?食べ物があるのに珍しくラーチさんがいないね?って?
ラーチさんは前日に若いみなさんと盛大なディナーパーティーがあり
だいぶご酒が過ぎたようで、ゆっくりとお休みでした。(^^;

今日は良いお天気♪

今日は朝から久々の良いお天気。
毎朝、通るのだが、ご近所さんちの藤の花。
数奇屋門の屋根から花が流れるように仕立ててある。
長い房が風に揺れてとても風情がある。
ご近所さんちの藤の花。

もう藤の時期なんだね。
山にある藤もそろそろ咲いているだろうか。
藤の花が終わる頃にはアカシア(ニセアカシア)の花が咲く。
アカシアの花の天ぷらがまた季節を感じさせていいんだ。
毎年アカシアの花、柿の若葉を自分で天ぷらにして食べている。
これを肴にビールをキューーーッと。
もうすぐそんな季節。
楽しみだ。

奇景。

昨日、夕刻近く。
時間をもてあましていたのでドライブに行った。
何年も前に知人より聞いていた異空間。(笑)
場所も見当がつかなかったのだが、
幾度か近くを通ったとき、“ソコ”への入口標識を発見。
農道のようであまりに道が狭いので今まで見落としていたのと自信がなかった。
地図でよく確認して思い切って行って見ることにした。
「んと、ここだな」車一台くらいの道をモコちゃんで走ること五分くらい。。。
看板を発見。「ここか?!」
鴻ノ巣(こうのす)と呼ばれる崖。

上田市大字富士山字上原守沢「鴻ノ巣(こうのす)」。
上田市の指定文化財になっている。
駐車場から鴻ノ巣の崖が見える。
車を止めて散策路。
崩れ落ちている石。つるつるツヤツヤ♪

なるほど。聞いていた通りだ。
ここは2000万年前~500万年前まで海底だった場所で
地殻変動によって海底から隆起。
つまりここはかつて海の底だったのだ。
足元に砂利のように敷き詰められているのはすべてそのままの石。
神社の玉砂利のように丸くすべすべで艶がある。
本当に海の波打ち際の小砂利のよう。
「展望台」と看板があるので行ってみたのだが、
木々が邪魔しており大した展望もできずにガッカリ。
展望台。あんま展望できない。(^^;

そこから途中分岐して崖の下に行ってみる。
雨や川の浸食で「小さなグランドキャニオン」って感じだ。
崖のすぐ近く。

崩れている砂利を手にして見る。
真ん丸ですべすべ艶々。「これって本当に山の石?」
崖下から。

崩れた崖の砂利の上を歩き回り、しばし異空間を堪能。
玉砂利を手にしながら海だった当時に思いを馳せる。
こんな感じのとこも。

ふう~ん。不思議な場所もあったものだ。
奇景を見てみたい方には良いかも。
ひょっとしたらお宝石も落ちているかもよ?
海の石が山で拾えます。(笑)

靴を買った。

今日は靴を買いに行った。
俺は歩き方が悪いせいか靴のかかと、外側がすぐに磨り減ってしまう。
仕事と普段に履いている靴はもうずいぶんと履き込んだ。
靴の某チェーン店。
んと、仕事用だし、どうせ、すぐにかかと磨り減るから安いのでいいかな。
一応、目星をつけ店内を見て回る。
同じような形の靴。
「お!これは『本革製品』って書いてあるじゃん!」
う~む。少し高くてちと考えたがこちらにした。
雨や水には合成皮革とかビニールのほうが撥水性があって
いいのだろうが「本革製品」のラベルに引かれて買ってしまった。
こういうのに弱いんだ。「限定品」とかね。(笑)
新しく買った靴。

以前、おしゃれな靴を履いた仲良しのお兄ちゃんと靴を買いに来たことがあって、
ハイテクスニーカーって言うんですか?
ランニングシューズって言うんですか?
お兄ちゃんと一緒に見たんですけど、すごい種類があるんだね。
かかとの部分に空気の入ったヤツとか、
靴底がイモムシの足のようになっているヤツとか。
お兄ちゃんは靴底に(横のとこね)“ ゝ ”のような孔がぐるりと並んで開いた靴を選んだ。
クッション性も良く、いかにも早そうだ。
お兄ちゃんは「すごく軽い。走りたくなる」と言ってた。
うん。いいじゃん。お兄ちゃんに似合ってすごくカッコいいぞ。
それにしても今は運動靴にもすごい種類があるんだなあ。
今まで靴屋さんの店内をジックリと見たことは無かったので、
お兄ちゃんのおかげで勉強になった。

今日買った靴。
紐を全部外して穴に通し直す。
中学の頃から紐靴を買ったとき、俺の紐の通し方は決まっている。
当時からずっと同じスタイル。
と言っても普通に穴に通すだけなのだが。(笑)
自分で通さないと気が済まない。
変なコダワリだ。
今まで履いてた靴。

靴が新しくなると、気持ちもずいぶんと変わるものだ。
さっきまで履いてた履き古した靴。
靴底は割れてしまっている。
それでも汚れては磨いていたのでツヤだけはある。
紐を外して捨てる前にもう一度よく磨いた。
だって、コイツからはたくさんの思い出をもらったから。

ちと寒い?

今日は曇ったり曇ったり。(普通に曇りって言えよ。(^^;)
時折、雨が降って気温も上がらず「寒い」って感じる一日だった。

ウチのシャガの花がいっぱいに咲いてます。
隣家との堺、石垣の側に植えてあるんですが
コイツが増えて増えて。
日陰で湿気があるとよく育つんですね。
余分なところまで生えてくるので毎年間引きしているんですけれども。
シャガ。

以前、南佐久の山で天然のシャガを見た。
やっぱり日陰のちょっと湿った場所にいっぱい咲いてた。
山間部の道路拡張工事とかで削られて。
今も残って咲いているのかな。。。

う~む。。。

最近はなんか空回りばかりで気分も落ち込むことが多い。
まあ、そんなこともあるさと思うのだけれど一時的。(笑)
こういう時って食欲は無くなるし、
夜も良く眠れないものなんですね。
痩せてくれるのはいいんだけど、(笑)
体力も落ちるんですね。
頭がクラクラするのは寝不足のせい?
それとも食べていないせい?
いやいや、二日酔いとかじゃなくてぇ。(^^;
う~む。
何か気分が高揚するようなこと、
ワクワクするようなことって無いのかなあ。
恋でもする?(爆)


窓辺の白藤。

窓辺の白藤が満開に咲いてる。
夏場の日よけのために植えてあるので、
花付きも関係なくパチパチと適当に剪定しているが
毎年花を咲かせてくれる。
窓を開けておくと風に乗ってとても良い香りだ。
このままグッスリと眠ることができたらいいのになあ。。。

山の小さな観音堂。

今日はお休み。
朝からいろいろと用事を済ませ、解放されたので
午後3時頃からプチドライブを兼ねて写真を撮りに出かけた。
以前、“その一瞬から”のなぶさんをご案内したことのある
佐久市某の山寺。
車を止めてからおよそ20分ほど山登り。
桜の大樹があるのだが、もう葉桜だろうとあまり期待しないで登って見た。
登って登って、山頂近く。
ふと、見上げると石段の先に満開の桜が。
ハラハラと散りながらもまだいっぱいに咲いていた。
山の観音堂の桜。

石段を登り詰めて小さな観音堂で観音様に参拝。
観音堂脇の岩よりサラサラと滴り落ちる湧き水を頂く。
冷たくておいしい。
山頂近くでこんなに水があるのは不思議なくらいだ。
観音堂境内から。

縁側で一服したり写真を撮ったり。
人の来ない山寺でしばらく時を過ごした。
観音堂石段脇の石仏。

まだ陽のあるうちに山を下る。
下山して駐車場を下る。
途中、ヤマブキの黄色が夕陽に輝いてとてもきれいだった。
参道のヤマブキの花。

長野まで。

昨日、五月五日はこどもの日。
お休みだったのでドライブ。
千曲市の県立歴史館と長野市のエムウエーブに出かけた。
県立歴史館はもう何度も行っているのだが
企画展で今年話題になった遺跡の発掘資料が展示されるというので
興味があったので行ってみることにした。
佐久市の高速道路建設に伴う発掘で出土した資料が多く
身近な話題だったので興味深く見ることができた。
県立歴史館-企画展。

県立歴史館を出て長野市エムウエーブに向かう。
素晴らしい渋滞。
地平線まで車の列が続くと思われたが、覚悟していたので落ち着いて運転。
やっとの思いでエムウエーブに到着。
入場料1500円で「大恐竜博」。
等身大?のロボット恐竜が動くというものだ。
エムウエーブ大恐竜博会場。

見学した感想。
う~む。これだけでは企画不足だな。
子供だましって感もあった。
恐竜の化石標本の展示や関連グッズの販売などもあればもっと良かったと思う。
それでも動くティラノサウルスは大人気。
なかなかの迫力があった。
ティラノサウルスのアップ。動きます!

エムウエーブを出て善光寺さんへ向かう。
が、こちらもすごい渋滞だったので目的地の変更をして
神代桜で有名な素桜神社へ向かう。
が、迷子。(^^;
カーナビくんにさんざん騙されつつ、ついに到着できずで
あきらめて帰ることにした。
帰り、違う道を選んだのがまた失敗。
善光寺さんまで来るのにとんでもない時間を要した。(泣)
細い道ばかり通ったのだが軽自動車のモコちゃんで良かった・・・

普段の行動は平日なので休日の渋滞には慣れていないせいか
ずいぶんと疲れた。
う~む。今朝は肩コリコリ。(^^;

みどりの日。

みどりの日。
今日もとても良いお天気。
暑いくらいだが、風があってとても心地よい。
ここ数日で木々の緑もかなり増えたように思える。
つばきの花です。

庭や駐車場の木々が花を付けてとても賑やかだ。
百花繚乱。
俺の家では今頃ツバキが咲いて樹高約3mで花が満開に咲いている。
花が朝日に輝いてとてもきれいだったので写真に撮った。
シロヤマブキとツツジです。

ツツジも色とりどりに咲いてるし、カラタチも真っ白な花をいっぱいに咲かせている。
ハナスオウの濃いピンクの花はとても鮮やかで
人目を引くので実生の苗を何人にも分けてあげた。
ボタンのツボミも膨らんで近いうちに咲くだろう。
これから夏を迎えるまで花いっぱいの良い季節だ。

新葉。

新葉の季節。
街の中にも緑が増えた。
自宅周辺も木々が盛んに新葉を広げている。
ウチの駐車場に植えてある朴と栃。
どちらも新葉を広げ始めた。
朴(ほお)の新葉。

木も高くなり、葉っぱも大きいのでどちらも住宅に植えられることは無い。
自分は葉っぱの大きな木が好きなので
あえて植えたのだ。
栃(とち)の新葉。

秋には大量の大きな葉っぱが舞い散るので
そのたび拾い集めて歩くので大変だが、
空に向かって大きな葉っぱを広げた姿はとても力強く、魅力的で
夏場には大きな日陰を作ってくれる。

そう。大きな葉っぱと言えば朴や栃ほどではないが柏の木も植えてある。
こちらはまだプクとピンク色の新芽を吹いたばかりで
葉っぱにはなっていない。

里山も新緑色に変わりつつある。
山の時期も間近だ。
もう少し足腰鍛えないと。
今年の浅間山開きは今月6日だそうです。

今日は曇りです。

山椒(さんしょう)の新葉と花。

トゲついでにウチの山椒(サンショウ)。
この間までプクッとした丸い芽だったのが
もうこんなになって黄色い細かな花がポツポツと。
木の太さは根元で牛乳ビンくらいあるかな。
高さは剪定しながら1m50cmくらい。
植えたわけではなくて、自然に生えてきた。
確か15・6年くらい経つと思う。
別に何の利用もするわけではないのだが
切る理由も無いのでそこにある。
山椒もアゲハちょうちょの幼虫の好物だと聞くが
すぐ近くに前日記事のカラタチがあるので
そちらのほうを好むと思われ、山椒の葉っぱに
アゲハちょうちょの幼虫は見たことが無い。

イカリソウの花。

土地の端っこ。
日陰の石垣下に植えてあるイカリソウが花盛り。
すぐ近くの山の斜面に生えていたのを採ってきて
靴でギュウギュウと踏むように植えておいたら付いたもの。
隣家との堺、石垣下は湿気が多いので良いのかもしれない。
ハート形の葉っぱがとても可愛い。

PageTop

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

幻翔院新駆 (げんしょういん しんく)

Author:幻翔院新駆 (げんしょういん しんく)
正式H.Nは「天空山幻翔院新駆」
お寺さんとは関係ありません。(笑)
簡単に「新駆」でも可ww。

いつまでも好奇心旺盛でいたい。
いろいろな人からたくさんのことを学びたいな。
自然の中が大好きです。
小さな感動を大切にしたいです。
仲良くしてね。

好きな言葉
「毒を食らわば皿まで」(笑)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック

リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。